記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習試合 対 『和歌山岩出ボーイズ』さん

6月4日 貴志川スポーツ公園野球場(和歌山県紀の川市)

対 『和歌山岩出ボーイズ』さん

p-20170604-01.jpg

晴れ渡る、貴志川の空。

こんな素晴らしい天候に恵まれたマリナーズは……

『和歌山岩出ボーイズ』さんと、丸一日の4ゲーム。

練習試合を組んでいただきました。

p-20170604-02.jpg

まずは、ジュニア戦。

p-20170604-03.jpg

p-20170604-04.jpg

p-20170604-05.jpg

p-20170604-06.jpg

p-20170604-07.jpg

後攻:マリナーズ。先発は、原。

初回の守備を無失点に抑え、攻撃に移れば、初回から先制点。

回を重ね、リードを拡げるマリナーズでしたが、四回、2点を返されます。

しかし、裏の攻撃では、こちらも2点を取り返し、追い上げを許しません。

五回、滝本がマウンドを引き継ぎ、奪三振。

さらには、内野を越えさせない投球で打ち取り、シャットアウト。

裏の攻撃で1点を追加し、ここで、コールドゲーム。

即戦力のスーパージュニア勢が、我先にとポジションを奪い合う……

マリナーズの次世代を担うメンバーが、チームを突き上げます。



続いて、二試合目。レギュラー戦。

p-20170604-08.jpg

p-20170604-09.jpg

p-20170604-10.jpg

p-20170604-11.jpg

p-20170604-12.jpg

p-20170604-13.jpg

この試合も後攻で始まりました。

先発は……、マウンド経験に乏しい左腕:芦川。

しかし、マリナーズに捨てるような試合はない。

任せてもらえたポジションに、初回から応えるピッチング。

続けて打ち取り、三者凡退。



その立ち上がりを、先頭打者:小林が支えます。

後攻めの初球を…… ライトオーバー!

打球はフェンスを越え、先頭打者・初球ホームラン!

1点を先制し、ノーアウト走者なし。

二番打者は、キャプテン:山田。

さらに二塁打を放ち、試合を盛り立てます。



得点は1点に留められましたが、攻めるマリナーズ。

しかし、投手:芦川。簡単には抑えさせてもらえません。

この回、先頭の四番。続く五番に打たれ、ノーアウト・二塁・一塁。

送られて、ワンアウト・三塁・二塁。

次打者にレフト前へと運ばれ、走者一掃。1-2。



この回の攻撃を、何とか2点で抑えた、芦川。

絵に描いたような逆転劇に、悔しくも、大きな経験を積んでいきます。



こちらは得点できず、三回には、さらに1点を追加され、1-3。

まだ返せず、四回の守備へ。

しかし、ここで、二者連続の奪三振。

続く打者を打ち取り、三者凡退に仕留めました。



好投でリズムを作れば、チャンスが生まれる……

先に投手が代えられ、出塁するものの、四回裏は無得点。

五回表。こちらは代わらず、芦川が続投。

三塁を踏まれたものの、無失点で切り抜けました。



そして、再びゲームが動き始めた、五回裏の攻撃。

この回の先頭は、ホームランを放った小林。

ここでも三塁打を放ち、すぐさま得点のチャンスを作り上げます。

続くバッターは、二打席連続安打のキャプテン:山田。

「任せろ!」 三打席連続安打は、ツーベースヒット!

ゆっくりと小林が還り、2-3。

さらに三番:西川(史)が打って出れば、四番:西川(透)!

三番手に代わった打席でも、何としても得点に……

逆方向への打球で、しっかりと三塁走者を還し、3-3。同点!

そして、ランナー無し。

五番打者は、投手:芦川。

大きすぎる援護を受け、自らも打って出る!

打球は、右中間! フェンス直撃の当たりで、逆転を狙う!

続く六番:三宅のヒットでチャンスを拡大しますが……

この回は、同点までの反撃に終わりました。



しかし、捕まえきれません。

二塁打を打たれ、送られ、セーフティスクイズ……

勝ち越され、塁を盗まれ、投手:芦川に、とめどなく試練が続きます。



後半戦。突き放されても、逆転を目指すマリナーズ。

ワンアウト・二塁・一塁で、キャプテン:山田。

バントヒットで出塁し、満塁とするも……、追いつけない。



最終回。これ以上の得点差は許せない。

しかし……、先頭打者を追い込んだものの、選ばれてフォアボール。

そして、一番打者に返る打順を……

ショート:小林が捌き、ダブルプレー。

スリーアウトもショートゴロに打ち取り、サヨナラ勝利へと繋げました。



最後の攻撃は、投手:芦川から。

逆転への糸口を掴みたいものの……

ここで、四番手が登板し、あえなく三振……

もう、チームメイトの力を頼るしかない状況となりました。

その思いを受けたのは、次打者:三宅。

頼れる男が、この試合、三安打目のヒットで出塁。

ワンアウト・一塁。

そして、打席には、センター前ヒットを放っている七番:山本。

ワンストライクを取られたものの、選び抜き、フォアボールで出塁。

同点のランナーを二塁に置き、八番:榎地。

捕手としても活躍する榎地が、この緊迫する状況をコントロール。

スリーボールからの、ツーストライク。追い込まれるものの……

フォアーボールで塁を埋め、ワンアウト・満塁。

そして、途中出場の九番:稲垣(璃)へと繋ぎます。

押し出しとなる場面に、投手はストライク先行。

ツーストライク。追い込まれましたが……

甘くは投げられない場面を逆手に、稲垣(璃)。

その後、すべての厳しい投球を見極め、フォアボール。

神経を擦り減らし、同点のベースを三宅が踏みました。

そして……

ホームラン、スリーベースと、打撃好調の一番打者:小林。

「俺で決める」と振っていき、フルカウント。

ストライクでなければ、サヨナラ……

この熱いボールを振り抜き……

三振。ツーアウト。

これで、何があっても試合終了となる打席に、キャプテン:山田。

四打席連続安打の山田が、抑えるために立つ四番手に対峙し、立つべくして立つ。

そして、その初球……!

その初球を、センター前に打ち返しました!

ランナーがサヨナラのベースを踏み、ゲームセット!

頼れるキャプテンが逆転打を放ち、完投初勝利を芦川にプレゼントしました。



この試合を目の当たりに、スーパージュニア勢が三試合目に挑みます。

p-20170604-14.jpg

p-20170604-15.jpg

p-20170604-16.jpg

p-20170604-17.jpg

p-20170604-18.jpg

p-20170604-19.jpg

三試合目も、マリナーズが後攻。

初回に3点を奪われ、二回にも1点を追加されてしまうものの……

この試合、全打席出塁!

打撃の中心を担う、五番打者の二塁打から始まった逆転劇!

投げたくて仕方ない! 投手リレーが功を奏し、二回以降を無失点!

五回裏には、4点もあった得点差に追いつき、最終回……

投手が、スリーアウトを三振で仕留めれば!

攻撃では、先頭が出塁! さらに、盗塁! 代打でサヨナラ!



追いかける試合でも、みんなで勝利を掴み取る!

スーパージュニア勢の、気持ちの強さを見ることができた試合でした。



この結果を……

「俺が投げてたら、0点で勝ってた!」

「俺が守ってたら、すぐチェンジや!」

「俺が打ってたら、もっと点取れた!」

誰かのプレーを、自分のものに。

試合で勝ったら、仲間にも勝つ!

『アイツ』より、めっちゃ強い自分を目指して……

がんばれ! スーパージュニア!

p-20170604-20.jpg

……そして、最後の四試合目へ。

すぐに乾きますが、ベンチ前。しっかり水は撒いておいて……

p-20170604-21.jpg

p-20170604-22.jpg

p-20170604-23.jpg

p-20170604-24.jpg

p-20170604-25.jpg

p-20170604-26.jpg

p-20170604-27.jpg

この試合は、マリナーズ先攻。

1点を先制しましたが、初回の守備で3点を失い……

二回には、さらに1点を追加され、3点差。

これを、四回に一挙5得点で、逆転に成功!

守備面も立て直し、三回~四回は無失点に抑え、五回の攻撃へ。

ここでも3点を追加し、9-4!

……しかし、ここでグラウンド使用時間が迫り、ゲームセット。

p-20170604-28.jpg

本当に、丸一日のお付き合い。

『和歌山岩出ボーイズ』さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。