記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生石ボーイズ大会 二日目

第24回 生石ボーイズ大会

6月3日 御坊市民球場(御坊市)

二回戦

対 『南都ボーイズ(奈良県支部)』さん

p-20170603-01.jpg

南都 : 0 1 0 0 0 0 0 : 1
日高 : 1 0 0 0 0 0 1 : 2



後攻の二回戦。

マリナーズ。先発は、小林。

先頭打者に捉えられた左中間への打球を、センター:山本……

スライディング! スーパーキャッチのファインプレーから始まりました。



三者凡退に収めた初回。その裏の攻撃。

振り逃げで出塁したランナーを、四番:西川(透)が還し、先制。

幸先良い滑り出しかと思われましたが……



二回。迎えた四番・五番、二人に打ち返され、1-1。

即座に振り出しへと戻されました。



ピッチャー:小林。

失点後、さらなる得点は許さない好投。

四番:西川(透)、二打席連続ヒットで援護するものの、追加点は奪えません。



三回以降は、両者無得点。

そして、最終回。

先頭打者出塁を許してしまい、次打者は追い込んだものの、スリーバントを成功……

ワンアウト・二塁の場面で、マリナーズは投手交代。

抑えとしてマウンドに上がるのは、打撃好調のエースナンバー:西川(透)。



しかし、交代直後を狙われ、ランナーは、二・三塁。

そして、一番打者へと打順は返り、最大のピンチを迎えましたが……



続けて打ち取り、無失点。

最終回の攻撃へと、エースが繋ぎました。



先頭打者は、六番:三宅。

大きなプレッシャーをものともせず、センターへのヒットで出塁。

七番:山本は、しっかりとランナーを送り、得点圏へと進めます。

そして、八番:榎地。

ツーストライクと追い込まれた、その四球目。

振り抜いた、力強い打球は、レフトオーバー!

ランナーがサヨナラのベースを踏み、ゲームセット!



接戦を制したマリナーズは、準々決勝へと駒を進めました。



準々決勝

対 『大阪狭山ボーイズ(大阪阪南支部)』さん

p-20170603-02.jpg

狭山 : 4 0 1 2 0 0 1 : 8
日高 : 0 0 4 0 0 1 0 : 5

この日、第3試合目となる準々決勝。

先ほどの試合と同じく、後攻で始まりました。



先発は、最終回に抑えで登板。

エースナンバー:西川(透)。

『打ち取って締め、サヨナラ』 という前試合が、裏目に出てしまったか……

『打ち勝って、サヨナラ』 打線に、立ち上がりを攻められ、悔しい4失点。



裏の攻撃では、頼れるリードオフマン:小林が二塁打を放ちましたが……

得点には結び付けられません。



二回表。

既に打順は一巡されましたが、ここを三者凡退。

三振も奪い、西川(透)が立て直していきます。



1点でも多く返していきたいマリナーズ。

しかし、出塁はするものの、得点には至りません。



三回表。

たった4球でツーアウトまで追い込む好投でしたが……

次打者からの連続ツーベースヒットにより、1点を失ってしまいました。



これ以上、拡げたくない点差……

持ちこたえた、三回裏の攻撃。

5点差を追うマリナーズ……



苦しい場面に…… 現れた、ヒーロー達!

ここに、最強の助っ人が現れました!

スタンドに駆けつけたのは、スーパージュニア勢!

相手チームの声を、かき消すほどの大声援!



一番から始まる好打順に、先頭:小林!

二打席連続安打で出塁!

続く二番:山田も出塁すれば、三番:西川(史)も続く!

その間に1点を奪い返し、苦しむエース:西川(透)!

自ら二人のランナーを還し、5-3!

五番:芦川は、セカンドベースで待つ西川(透)を進塁させ……

六番:三宅が還し、5-4!

1点差まで迫り、この回の攻撃を終えました。



……しかし、奪ったリードは逃すまい。

強打線に、さらに2点を奪われ、7-4。



このままでは終われない!

毎回ランナーを出す、マリナーズ!

だが……、得点までは繋げられず。



しかし、五回途中、西川(史)にピッチャー交代。

こちらも奪わせない、まだ巻き返せる3点差。



そして、六回。

3安打目の小林! ツーベースヒット!

このランナーを、代わって登板の西川(史)が還し……! 7-5!



点差は、2点。

二試合連続のサヨナラゲームを予感させる、最終回……

この期待は……、許されない。

やっと奪った1点は、即座に返され、再び3点差……



最後の攻撃……

ここで、マリナーズの反撃を抑えるため、投手交代。

しぶとく、この回の先頭:三宅。

続く七番:山本が出塁しますが……



ゲームセット。

逆転を阻まれ、ここでマリナーズは敗退となりました。



しかし、この大量得点差を詰めた経験値は大きいはず。

そして、背中を押してくれる後輩達の、その存在の大きさに気付けた試合でした。



『南都ボーイズ』さん。

『大阪狭山ボーイズ』さん。

そして、生石ボーイズ大会運営各位様。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。