FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学硬式野球選手権大会 初戦

2017 和歌山県

中学硬式野球選手権大会

5月3日 吉見グラウンド(有田郡有田川町)



「中学硬式野球クラブチームの日本一を争う全国大会」として開催されるトーナメント。(ウィキペディア)

その和歌山県予選、最初の戦いとなる試合の相手は……

春季大会支部予選、その初戦と同じくして、キング! 『和歌山ボーイズ』さん!

p-20170503-01.jpg

p-20170503-02.jpg

両チームがアップを済ませ、シートノックへ。

先行のマリナーズも、各々が守備位置へと飛び出します!

p-20170503-03.jpg

試合開始!



勝敗など、もう、既に過去の話!

さらに成長したボーイズ同志が、再び、ここに向かい合う!



さぁ、初戦…!

「絶対に勝つ!」

p-20170503-04.jpg

p-20170503-05.jpg

しかし、春季大会……

あの、熱闘を思い返せば……



先制されながらも、無謀とも言える走塁で同点へと結びつけ……

追い込まれながらも、『不屈の村松』が、粘りに粘り、粘りきって掴んだ、押し出しのフォアボール。

11球目まで耐えに耐え、やっと逆転を掴んだ、火花散るような、あの白熱の試合……

そんな、熱い試合を……



そんな、熱い試合を完投した投手!

一番打者を担う 小林 白彪 が、ツーストライクから振り抜きました!

p-20170503-06.jpg

両翼:90m、中堅:110mの吉見グラウンド。

その右中間へと突き刺す、先頭打者ホームラン!

1点を奪取し、自ら有利な試合運びを作り出しました!

p-20170503-07.jpg

投げては先発、小林!

2番にヒットを許すものの、その後は続けて打ち取り、スリーアウト!



続く攻撃の回では、俊足:山本が出塁。

次に立つ打者は、先日、公式戦で満塁ホームランを放った、三宅。

しかし、ここは送りバント。

しっかりと決め、ツーアウトながらも得点圏に走者を進めます。

……が、追加点を奪うまでには至りませんでした。

p-20170503-08.jpg

二回裏。

ワンアウトから歩かせてしまうものの、続く打者で、6-4-3!

西川(史)が捌き、村松から西川(透)へのダブルプレー!

しっかり守って、自分たちの攻撃へ。



三回表。

ツーアウトから、キャプテン:山田がライト前ヒット!

先頭打者以降、安打の出ない打線を引っ張ります。



しかし、後続は打ち取られ、三回裏の守備へ。

内野陣で打ち取り、ツーアウトとするものの……

打順は返り、一番打者。

ファールからの二球目をセンター前に運ばれ、二死一塁。

出塁は許してしまいましたが、進塁までは許さず。

鋭い牽制球でアウトに仕留め、スリーアウト、チェンジ。



そして、四回表。

ワンアウトから、芦川がレフト前ヒット!

p-20170503-09.jpg

さらに盗塁を試みますが、これは阻まれ、ツーアウト。

二回以降、得点圏に走者を置くことができません。



その裏を、小林。

最後のアウトを三振で奪う、三者凡退。



五回表、こちらの攻撃も三者凡退……

ここまで、両チーム合わせて、5安打。

得点は、初回の一人目、先頭打者ホームランのみ。

ひとつのミスも許されない、投手戦の様相を呈する厳しい戦いとなりました。

p-20170503-10.jpg

五回裏の守備。

先頭:五番打者をレフトフライに打ち取りましたが……

続く六番打者に、右中間へのツーベースを放たれました。

一死二塁。さらに、七番打者がレフトへ……

これは、再びレフトフライとして、ツーアウト。

立て続けに外野まで運んでくる打線に、苦しい投球。

だが、ピッチャー:小林。八番打者を、三振でスリーアウト。



一歩も譲らない!

六回の攻撃、先頭打者として、小林が打席に向かいます。

p-20170503-11.jpg

しかし、ここで相手チームが継投。

投手が代わり、捉えきれずに三者凡退。



六回裏。

リードするマリナーズは、これまでを無失点に抑えてきた小林が続投。

またしても外野まで打ち返されるものの、フライアウト。

三者凡退で仕上げ、任されたマウンドを守り抜きました。

p-20170503-12.jpg

そして、試合は最終回へ。

最小のリードを、少しでも引き離したいマリナーズ。

先頭は、四番打者:西川(透)。

相手の守備を乱し、なんとか出塁するものの……

二塁を踏むことができず、わずか1点を死守すべき状況へと変わりました。



最後の守備。

小林が、完封勝利のマウンドへと向かいます。

対するは、クリーンナップからの過酷な打順……



まずは、前の二打席をファーストストライクから振ってきた、積極的な三番打者。

この打席も、ボールを見逃した後の二球目!

ファーストストライクを振り、打球はショートへ!

これは、西川(史)が捌き、ワンアウト。



続いて、四番。

しかし、この回に入る前、打者に対して何らかの指示があったのか……

「取らねば負ける」最終回が、キング打線を活性化させたのか……



またしても、初球! ファーストストライク!

これをレフト前に運ばれ、シングルヒットとして出塁! 一死一塁!



……この回までにも、一塁・二塁を踏むことは許している。

まだまだ焦る場面ではないが……、追われるマリナーズ。

追いかける猛虎:キングタイガースが、ここで鋭い牙を剥く!



一塁にランナーを置き、五番打者。

またしても、またしても! ボールを見逃してからの二球目、ファーストストライク!

レフト前ヒットを続けざま、ワンアウト・二塁・一塁!

p-20170503-13.jpg

サヨナラのランナーを置き、マリナーズ内野陣がマウンドへ。

苦しい展開だが、全員で切り抜ける!

しかし……



六番打者を厳しく攻め、スリーボール。

カウント悪く、この後は、ファーストストライクと言えども見逃され、3-1。

そして……、フォアボール。

p-20170503-14.jpg

……満塁。

一段と強まる声援と、選手の掛け声。

負けじと立ち向かう、小林!

そして、守るマリナーズ!



対するは、先の打席を内野ゴロ、レフトフライと打ち取った、七番打者。

それ故に、最悪でも同点……

スクイズ、タッチアップと、多くの作戦を意識しなければならない状況だが……



しかし、ここで、二塁走者にピンチランナー!

『一打サヨナラ』を、高らかに宣言するキング! 七番打者への厚い信頼!

「打って、勝て!」



その強い勢いに、小林-山田。

無失点に抑えてきたバッテリーは、ボール球をふたつ。

そして、ツーボールからの、ファーストストライク……!



やはり! ファーストストライク!

最終回で捉えられた打球は、センターの頭上!

あわやバックスクリーンかとも思わせる打球は、フェンス前に落下し……

p-20170503-15.jpg

日高:
1000000:1

和歌山:
0000002:2



代走の選手にサヨナラの本塁を踏まれ、マリナーズは初戦敗退となりました。

そして、集合……

p-20170503-16.jpg

しかし、先頭打者ホームラン:小林を称えるボールが、球審より手渡されました。

敗戦ではありながらも、彼の名誉を疑う者はありません。

p-20170503-16-01.jpg

『和歌山ボーイズ』さん!

そして、中学硬式野球選手権大会運営各位様、ありがとうございました!

p-20170503-17.jpg

p-20170503-18.jpg

p-20170503-19.jpg

さぁ……、長いゴールデンウィークになりました。

負け=良い経験と考えて、練習だ、練習!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。