FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回 和歌山春季大会 初戦

第47回 和歌山春季大会 初戦

2月26日 二試合目 南山球場(日高川町和佐)

対 『和歌山ボーイズ』さん



とうとう春季大会初戦を迎えることとなりました。

勝利を願う、あるお母さんからは、マリナーズのために特製の『お守り』が届けられました。

「おなかに入れて、がんばれ!」

p-20170226-01.jpg

直近の3試合。

1点差ゲームに苦しみながら、この大会に勝つため練習を重ねてきたマリナーズ……



初戦の相手は、昨年の秋季大会ゾーン覇者。

キング、『和歌山ボーイズ』さん。

p-20170226-02.jpg

試合前。

応援席には、駆けつけてくれた新しいマリナーズの姿。

p-20170226-03.jpg

シートノックに飛び出すマリナーズ。

気合は充分です。

p-20170226-04.jpg

そして、試合開始。

マリナーズは後攻。

先発:小林がマウンドに向かいます。

p-20170226-05.jpg

立ち上がり苦しく、ワンアウト・満塁と初回からピンチに陥ります。

しかし、続くバッターをセンターフライに。

さらに、センター:山本がタッチアップを許さず、ランナーは自重。

ツーアウト・満塁へと場面は変わり、ここを小林が三振に抑え、マリナーズ、初回の攻撃へ。

p-20170226-06.jpg

こちらもランナーを出していきますが、得点には繋げられず。



二回。

守備では三者凡退に抑え、攻撃では再びランナーを出すものの無得点。



そして、三回。

三塁打を含め、場面はワンアウト・二・三塁と、再びピンチに陥ります。

続く打者の飛球はライトへ……

タッチアップ!

この返球は間に合わず、先制点を許してしまいました。



しかし、これ以上の得点は許さず。

円陣を組み、「逆転!」へと気迫の声を張り上げます。

p-20170226-07.jpg

そして、1番バッター:小林の二打席目。

負けじと左中間を大きく破る三塁打で、すぐさまチャンスを作り上げます。

しかし、得点はならず……



四回。

さらにピンチは押し寄せ、ツーアウト・一・三塁。

見守る応援席にも、緊張が走ります。

p-20170226-07-1.jpg

この場面を、しっかりと無失点で切り抜けました。

そして、これだけの山場を乗り越えたマリナーズが、この攻撃で逆転の糸口を掴みます。



五番:芦川。

セカンドゴロかと思われた当たりを駆け抜け、内野安打として出塁。



続く六番:山本。

再びセカンドが打球を処理し、ピッチャーがベースカバーに向かうが……

一塁までの競争になれば、山本の足が負けるはずがない!

またしても内野安打とし、場面は、ワンアウト・一・二塁。



ここで、七番:榎地。

狙いすました打球は、右中間へ。

これをライトが拾う頃に、二塁走者:芦川が三塁を蹴りました!

そして、バックホーム!

タッチアウトかと思われるタイミングも、キャッチャーは三塁に向かう山本を選択。



これで芦川が生還し、同点!



5回、後半戦。

追い上げる形でマウンドに上がる小林は、再び三者凡退に抑えます。

しかし、こちらも三人で抑えられるという白熱の展開。

p-20170226-08.jpg

6回。

出塁を許すも、盗塁企画をキャッチャー:山田が、ことごとく阻止。

キャプテン:山田、チームを守備から鼓舞し、攻撃を奮い立たせます。



そして、先頭打者は、三番:西川(史)。

センター前で出塁し、マリナーズが逆転のランナーを置きました。



ここで、四番:西川(透)。

「得点圏にランナーを進める」指示を完遂……

続く打者に逆転を託し、託された五番:芦川が打席で吠える!



しかし、外角低めをふたつ見逃し、ここからふたつ、大きく外へ……

一塁へと歩き、一・二塁を埋めました。



場面は進み、ツーアウト・一・二塁。

打者は、先ほど打点を挙げた七番:榎地。

再びヒット! センター前に放ち、満塁!



この緊迫した場面に立つのは、八番:村松。

2球で追い込まれたものの、彼の集中力は研ぎ澄まされていました。

p-20170226-09.jpg

続けてボール球が2球。

ファール、ボール……

そして、フルカウントまで持ち込み、ここからが本当の真っ向勝負!

ファールで粘るたびに、応援席がどよめきます。

全員が固唾を飲む、その11球目……!



ボール!

低めに来た球に踏み止まり、彼はバットを置いて一塁へと走りました。



三塁走者:西川(史)がホームベースを踏み、逆転!

1点に留まったものの、これを守り切る最終回に緊張が途切れることはありません。

p-20170226-09-1.jpg

小林が、最終回のマウンドに上がります。

空振り三振、サードフライと打ち取り、ツーアウト。

打者は一番へと戻り、ツーストライク……

しかし、ライト前へと打ち返され、三人で終わらせてはもらえません。



同点とされてしまうランナーを置き、次打者に対峙。

ストライク先行。そして……



ランナー、得点圏を盗もうとスタート!

p-20170226-10.jpg

この盗塁をキャッチャー:山田が再び阻止!

そして、ゲームセット!

キャプテンが締め、逆転勝利を手にすることができました!

p-20170226-11.jpg

『和歌山ボーイズ』さん。

そして、和歌山春季大会運営各位様、ありがとうございました!

p-20170226-13.jpg

試合後のミーティング。

次の対戦相手は、この日、1試合目の勝者、『紀州ボーイズ』さん。

僅差での勝利も、マリナーズに浮かれる時間はありません。

p-20170226-14.jpg

疲れているはずの体も、興奮が抑えられないのか、マリナーズは自主練に励む……



次戦は3月4日(土)予定。

御坊市民球場が舞台となります。

皆様の応援、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。