記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 泉州阪堺大会

高石市長杯争奪
スポーツサクライ杯争奪
第2回 泉州阪堺大会 初戦

11月13日 第一試合 みなと堺グリーン硬式グラウンド(堺市)

対 『大東畷ボーイズ(大阪北支部)』さん

(管理者都合により画像を掲載できず、申し訳ございません)



午前9時30分予定を15分早め、9時15分に試合が開始されました。

後攻で始まった、この試合。マリナーズ先発は、小林。



トップバッターを難なく打ち取り、幸先良いかと思われましたが……

初回の展開は、ツーアウト・一・三塁。

迎えた次打者に初球を狙われ、1点を失いました。

ピンチは続き、満塁まで進められてしまいましたが……



ここを、サード:榎地。

ライン際の難しいバウンドでしたが、しっかりと止め、そのまま三塁ベースを踏んでフォースアウト。

1失点に留め、追いかける戦いとなりました。



マリナーズ、初回の攻撃。

一番、二番と出塁することはできませんでしたが、三番:西川(史)。

簡単に流れはやらない。しっかりと、センター前へ!



そして、続く四番:芦川。

ここで畳み掛けようと、初球から振っていきますが……

しかし、打球は平凡なサードゴロ。

ただ、このバウンド処理が上手く合わなかったのか、ボールを弾いた間に一塁ベースを踏みました。

ランナーも進塁し、ツーアウト・一・二塁。



こちらもチャンスを掴みましたが……

ここは、得点まで結び付けることはできませんでした。



二回・三回は、互いに無得点。



しかし、毎回ランナーを出していく大東畷ボーイズ。

対して、打って出れないマリナーズ。

何とか踏みとどまりながら、試合は四回へと進みます。



先頭打者、続く打者と打ち取り、ツーアウト。

ここからランナーを出してくる、大東畷ボーイズ。

一塁、二塁と、選ばれ打たれと塁を踏まれ、とうとう次打者にタイムリーヒットを許しました。



まだ、2点差。

四回を1失点に凌ぎ切り、反撃へ。



この回は、三番からの好打順。

しかし、三者凡退……



マリナーズは流れを引き寄せられないまま、五回の守備へと試合は進みます。



ここで、投手交代。

ピッチャーは、キャプテン:山田。



だが、勢いは止まらず。

交代後、すぐの隙を突かれるような形で、ここも1失点。

試合は3点差まで広がってしまいました。



その裏。先頭打者は、エースナンバー:西川(透)。

ピッチャーの苦しい展開を誰よりも理解する男が、その初球を振り抜きました!



レフトオーバー! ツーベースで、反撃の狼煙を上げます!



続く打者は、村松。

ここで、制球ミスからか、抜けたようなインローが足に当たり、出塁。

ノーアウト・一・二塁に。



打席には、山田の登板からマスクを被る、榎地。

送りバントの構えからバスターに切り替えるも、打球はピッチャー前に……

三塁は間に合わないと、ピッチャーは二塁に送球。

セカンドカバーから、一塁へ転送。ダブルプレイ…… は、させない!

気合いのヘッドスライディング! 判定は、セーフ!



ワンアウト・一・三塁!

この試合、マリナーズ最大のチャンスを託されたのは、この男! 稲垣(璃)!



緊張の走る、その初球……



ランナー、スタート!

稲垣(璃)、しっかりとスクイズを転がし、捕球したピッチャーは1点を諦めました。



得点! そして、ツーアウト。ランナーは二塁へ!



しかし、それ以上の追い上げは阻まれ、終盤に移ります。



六回。この大事な場面を無失点に抑え、逆転に望みを繋ぎますが……

マリナーズ。ランナーを出すも、得点はできず。試合は最終回へ。



そして……

逆転への焦りか、2点を追加されます。

5 対 1



最後の攻撃も力及ばず、ここでゲームセット。



2アウトからの得点力の差が大きかったのかもしれません。

この敗戦をまた、新たな力に変えていきましょう。



『大東畷ボーイズ』さん。

泉州阪堺大会運営各位様、ありがとうございました!

p-20161113-01.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。